2020年5月27日水曜日

2020年はどんなシーズンになるんでしょう!?

コロナ禍であれもこれもできなくなってからだいぶ時間が経過しました。

2020年はとうとう富士山に行くぞ!と張り切っていた我が部ですが
富士山は今年は開かないとのことで、プランは来年以降に。

うすうす覚悟はしてたのだけど
ハッキリキッパリ言われるとなかなか辛いものがありました。

まぁ行けたとして、
山小屋や、登山途中の密が問題なのもあったので、
ここはおとなしく2021年の準備でも、と思います。

他の山も例外ではなく
登れるようになるのか、という不安はありましたが
制限解除で、他の他府県への移動もできるようになれば
日帰りの山なら行けるかもです。

そこで問題は、運動不足による体力減退と体重増加。
ちゃんと登れるのか、今までになく自信がない。
あと登山中もマスクしなきゃいけないのかなぁ、とか。

部で3人で行くけど、ソーシャルディスタンスは?とか。

少しずつ、考えて、工夫していくしかないんでしょうね。

新しい生活の新しい山登り。
今年はそんなシーズンになりそうです。


2020年4月21日火曜日

いつの話だよ!→去年の話です→36. 棒の折山 | ぼうのおれやま

今がこんなことになっているなんて、全く思ってなかったあの日のハイキング。
昨年の11月30日に棒の折山 (ぼうのおれやま)に登ってきました。

雨やらなんやらで流れ流れて、この日、やっとハイキングに行ったのだけど
この後、いろいろとありすぎて、ブログもwebも放置しておりました。

さて、棒の折山。


今回は部員Aのプランで、参加は部員Mとふたりでした。

沢登りに、鎖場に、急登に。
なかなかのハードコース。

しかも途中トイレはございませんというこれまたハード心配コース。

近頃、一人でもサクサク登山を楽しんでいる部員Aはともかく
運動不足の私・部員Mは不安しかなかった。

しかし、良いお天気で


自然あふれる中に身を置くと、とても気持ちよかった。

いや、でも、
沢登りに、鎖場に、急登に。
多分、部員M史上、もっともハードなハイキングでした。



山を降りたら、早咲き桜が咲いていたり。

このころ、いろいろ悩んでいた私ですが、行ってよかった!
ハードコースは運動不足&太り気味の体には辛かったけど、気持ちスッキリでした。

帰宅してから、この登山の写真をお母さんに見せて、
あーだこーだと話せたことも、とても良かったです。

プランしてくれてぐだぐだな私を引っ張ってくれた部員Aにも
あの日の棒の折山 にも、感謝です!



2019年のシーズンは、このあと行くことができず、このハイキングで終了しました。

そもそも2019年シーズンの最初は、
「富士山に行きたい!」の部員Mの発声に始まりました。
しばらく休んでいたハイキング部はGWに再び活動開始。
以前から「富士山は見るもので行くものじゃない」という部員Aが
御朱印がもらえるから行く!と気持ちを変えて
富士山に行こうムードが部の中に高まるところ、
体力も気力もかなり自信のない私・部員Mは「富士山は今は行けそうにない」と発言。
富士山行きがふわふわ宙に浮いている状態でした。

その後、まぁいろいろありまして・・・
2019年末に来年は富士山に行くぞとやる気を出した私。
{2020年、もくもくハイキング部は富士山だ!}
となりました。

まさかね、今こんなことになっているなんて
あの時は、思わなかったね。

富士山は逃げない。
山もどっかにいっちゃうわけじゃないから
行ける時に行こう!

できれば気が変わらないうちがいいんだけどねぇ〜〜〜
太ったり運動不足にならないようにしなくちゃねぇ〜〜〜

シーズン11もどうぞよろしくお願いいたします!


2019年10月30日水曜日

台風後で変更に次ぐ変更で→高尾山 35. 高尾山 | たかおざん

6月のハイキング以来、設定した活動日が雨で
7月〜9月はお休みしていたハイキング部。

毎月、雨で流れている三つ峠登山計画を
今度こそ実行だ!と息巻く10月。
平日に休みを合わせて出かけることになりました。

関東を台風が直撃した後の週末なので、
山やコースの様子をチェックして、行けそうかなと実行に移したのですが・・・

計画担当の私の大ボケで
中央線高尾〜大月が台風の影響で運休中と知らず、
それを当日の早朝に気がつき、
急遽、新宿バスタからの高速バスの河口湖行のチケットを購入。
待ち合わせをJ Rホームからバスタに変更。

電車ダメだから、ビビったわ、なんて話してゆったりバスを待ち、
いざバスに乗ろうとした時に、台風の影響で迂回路を通るから
通常2時間のところ4時間半かかります、という情報。
山登れないじゃないの、と、慌ててキャンセル。

一部、コースが閉じているけど、登れるコースもあるらしいからと
急遽、行き先を高尾山に変更した。

...ということで、バッタバタ。
そもそも私の調べが甘かった。ごめんなさい!!

高尾山以外の都内山も頭をよぎったのだけど、
高尾山はリフトやケーブルカーもあるし、
TVのニュースでも状況も報道されていたから、間違いがないだろうということで。

平日の通勤ラッシュの中央線下りに乗って、なんとか到着。





稲荷山コースの山道は起伏もあるし、雰囲気もいいし、
いろいろ変更があったけど、山らしいところに来れてよかったなぁとしみじみ。

そもそもこんな道、前に登ったっけ?と記憶が今ひとつ。
そういえば前に来たのは、2011年でした。



山頂から薬王院、そして、ケーブルカーの高尾山駅へ。
ケーブルカー側の1号路からおりようと思っていたら、
台風の影響につき、閉鎖中。



仕方ないので、少し戻って、2号路から6号路に入る道をチョイス。
道に入るところに
「一部、危険箇所あり。気をつけて通行ください。おすすめできません」とあり
少しビビりながら、ゆっくり慎重にいこうと下山スタート。

しばらく進むと下から登ってくる方とすれ違い、少し気が楽に。
道すがら、特に危険箇所がなく、どこだろうかと思っていたら、
登ってきた方に、最後にある道が崩れていて、ぬかるみを通る箇所について
丁寧に教えていただけました。

道が一部、台風で現れたかつての沢に、崩れ落ちていた。
親切な方々に通行のコツまで教えていただいていたので、安全に通ることができました。

スマートなベテランの登山者は、本当にかっこいい。
もはや山ガールでもなく、山おばちゃん、てな感じになってきてますが、
できればスマートな山マダムを目指したいと思ってます。

なんとなく、おばちゃんはわちゃわちゃイメージなので、
スマート&エレガントに山マダムで!?







台風の爪痕はなかなか大きく、
下山途中も倒木や、崩れた箇所を目にしました。
しばらく登山は様子見かもしれません〜

高尾山の見慣れない稲荷山コース、以前、どうしたっけ?ということで
自分のブログを探したものの、記事が見つからなかった。

記憶もなければ記録もないって!
我ながらダメなぁと反省反省。


> 高尾山は
団子と天狗焼が美味しいというのは<
ちゃんと覚えているんだけどねぇ〜〜




三つ峠、いつかちゃんとハイキング部で行けますように!